VOL.026 子供の親とペットの関係の変化

スポンサーリンク

私とぱんこ(犬)の場合

愛情の絶対量

へーすけが、生まれる3年前に、我が家にぱんこ(犬)がやってきました。

トイプードルの飼い方を一生懸命学んで、いろんなところに一緒に行きました。

しかしへーすけが生まれると、へーすけ中心に生活が回りはじめます。

ぱんこは、やきもちを焼きます。人間と一緒。それどころか人間以上に分かりやすい。

へーすけとパパがくっついていると、間に体を割り込ませて座ります。グイッと入ってきて・・・

離れろ~

へーすけとパパが遊んでいると、ワンワン吠えます。『私と遊べ!』と言っているようです。

遊べ!私とだけ!!

パパの愛情が、へーすけに行かないように全力でパパを追いかけます。

しかし、追われると逃げちゃうんですよ。逃げられると追うでしょうけど。

愛情には、総量があるのかも。

へーすけに夢中・・・

四角関係

追いつ追われつで、我が家の無限ループです。

ぱんこ→ぱぱ→へーすけ→まま→ぱんこ

絶妙に家族のバランスが取れてます。

しかし最近の心配ごとは、矢印の大きさバランスが変わり、ぱんこ二号が増えること…

いや〜もう十分なんですけど…

新しい家族がほし~

関係の変化は当然、人それぞれです

癒しになったり、嫉妬されたりします。

パパへーすけに夢中。ぱんこの嫉妬に煩わしさを感じる時もある。今までのように時間をかけることが減ったかも。
ママへーすけは可愛い。ぱんこも可愛い。むしろ癒し。欲を言えばもう1匹飼いたい。飼うけどもちろんパパも世話してね。

自分のことを除けば犬を飼うことは、自閉症児の成長にとってマイナス面は少ないと思います。あるとすれば年間色々お金がかかる。散歩が大変。だから猫の方が良いのではないかという意見もあるようですね。

猫はアレルギーがあるから無理です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました