VOL.013 高機能自閉症・療育について勉強

スポンサーリンク

正確な情報が必要

ネットに情報が溢れすぎていて

ネット情報は割と沢山ありました。

でもどれが本当のことかよくわかりません。

正確な情報がほし~

専門家の意見が知りたい

専門家(お医者さんとか)の書いた本をとりあえずよんでみようかな。

ただ、結構な数の書籍があり、よくわかりません。いまでこそ多くのまとめサイトがあり、ランキングもあったりします。ただ当時はそこまでありませんでした。当時、利用させていただいたのが トチタロ様のサイト内の【わたしのお薦め本コーナーの書名順索引】です。かなりたくさんの書籍を読まれていて、評価もあり、当時の自分的にはかなり参考になりました。自分が参考にしたのは 【高機能自閉症 アスペルガー症候群 入門 著:内山登紀夫】です。まずきっちりと専門家の情報を得たい方にはおすすめできます。

古い本ですけどね。

へーすけはやはり高機能自閉症か・・・

ままにはちょっと難しかったみたい。

なんか読みにくい・・・

ままのままもちょっと難しいと。

人によるかもしれませんが、ストーリー風になんとなく知りたい方には向かないかもしれません。

療育、自閉症について

療育ってなに?

療育:障害のあるお子さまやその可能性のあるお子さまに対し、個々の発達の状態や障害特性に応じて、今の困りごとの解決と、将来の自立と社会参加を目指し支援をすることです。(リタリコさん参照)

療育施設に通い始めて

地域の支援施設で、療育を受けることができます。

施設にもよりますが親も療育に結構参加しないといけないことが多いです。指導員の方にもよりますが、人によっては傷口に塩を塗る勢いの方もあったり、親の負担も大きいみたいです。ままも通いはじめにちょっとへこたれていました・・・

自分の子に障害があるんだぁ…と徐々に認めたり認めなかったりを繰り返しているところに、思いっきり障害児として接してくるので心のギャップのようなものを一気に埋めないといけないので。

当然反発される方もみえます。

たくさんの書籍があり、療育なんかいらない という本があったりするぐらいで本当に様々です。

子供の幸せを考えると

重要なのは、子供にとって何が一番幸せか。

そして結果的に親も幸せになる。

そのためにいろんな情報を入手して、その中で、まずはこれからやってみようと進めていくことが大事だと思います。楽な方に逃げるのは、その一瞬はいいんですけど、後で必ずブーメランで帰ってきます。早めにこうだ!決定してしまい過ぎない方が、より柔軟に問題に対処できるはずです。その後、様々な決定することが訪れますが、常に悩んだうえで、できるだけ柔軟なスタンスでいたいと思います。

ちなみに私の場合は療育をやっておいて本当に良かったと思いました。…って転職前から、ままがやってくれていたんですが。

高機能自閉症、アスペルガー、ADHD

その他にも何冊か専門書籍を読むと、高機能自閉症、アスペルガーなどの内容を徐々に理解してきます。やはり特徴からすると、へーすけは高機能自閉症がしっくりきます。感覚過敏、一つのものにこだわりをもつ、ジャンピング、言語能力のレベル

う~ん。やっぱりお医者さんの言ってることは妥当なんだな。ここが本当のスタートだったように思います。


訂正

ここが【私の】本当のスタートだったように思います。

これを読んだママに、私はもっと前からスタートしとったわ!と言われたので訂正致しました。

全部わたしがやってましたけど~

時間と知識が必要
  • 根っこになる知識が必要
  • 普通に育てると上手くいかないかも
  • 低学年までの対応が重要のよう

ここから頑張ります

コメント

  1. […] VOL.013 高機能自閉症・療育について勉強正確な情報が必要ネットに情報が… […]

タイトルとURLをコピーしました