VOL.012 自閉症の子の保護者はかなり忙しい

スポンサーリンク

こどもを見る時間確保計画

暇な会社をピンポイントで

どうしてもこういった子を育てるには、エネルギーが必要です。

障害を学ぶ時間、育てる時間、家事を手伝う時間。結構やっておいた方が良いかな、ということがあります。

まぁ今となればよっぽど大丈夫だと思えるんですが、当時は、もしかしたら犯罪をする可能性が高い子になってしまうかも・・・それだけは避けなければ、と割と本気で思ってました。

は・・・犯罪者に・・・

退職理由は・・・

やめる会社に、なんて言おうかな。

なんとなく、うちの子が自閉症っていうのを避けてしまいましたね。自閉症という事実を隠したいわけじゃないんですが、まだ完全に自分が受け入れきれていませんでした。

『妻の母が病気で・・・』と違う利用を言って退社。

まぁ事実は事実なので、嘘はついてないんですけれど。おばあちゃんを理由に使っちゃいましたね。すみません。おばあちゃん。

罪悪感からの反動なのか

後々、これが罪悪感的に心の奥の方に残っていて、反動のようなものがありました。

障害を割と受け入れることができた後から、な~んで違う理由をいったんだろうなぁ~と。

なんかごめん、へーすけ

その後は、聞かれていもいないのに『うちの子は自閉症です。』って言うことが多かったですね。

どうだっ!わたしは隠さないんです!という感じが若干ありました。聞いてもいないのに伝えられた人は共通で困りますよね。みなさん一律で困惑する感じです。

もやもや解消に周りを使ってしまった

暇な会社

本当に暇な会社でした。

大丈夫かな。潰れるかもな。いやいや潰さないように頑張らなけば(^▽^;)
ただ、時間を作るということに関しては申し分なかったです。

同じ業種での転職で、仕事内容もわかってますので、かなり時間的なゆとりが生まれました。

時間確保は成功

さあ勉強しよう!

いざ、高機能自閉症についての勉強を本格的にしよう!!

・・・・忙しかった会社をやめたばかりで疲れているので、ちょっとだけブレイクタイム(^^; ドラクエをやってしまった。だめ親父です。でもこんな癒しもあったっていいじゃない。ただ、だらだらとはしませんでした。猛烈な勢いでクリアしました! その後ゲームも売却!

この次の回から本番です

まず専門家の書いた本を読もう!

待ちくたびれてますけど~

なぜ自閉症児の育児に時間が必要か

思っているよりかなり沢山の事が待ち受けています

保育園前

  • まず自閉症の勉強
  • 日々の日常生活で異変を観察
  • 市が運営する子供相談室などを訪問
  • ①就学前の一時保育園に行けるか確認(ASDで断りもありうる、結果何か所も回る)
  • ②発達支援センター(親子通所のため親の時間必須)
  • ①、②の申込で各窓口を駆け回る
  • 親も療育ってものを学ぶ
  • 家族間交流はトラブル多発なので夫婦で護衛
  • 自閉症児の育児(他の子の5倍手がかかるイメージ)
  • 人によっては仕事と家事

死ぬ~~はやく援軍に来いや~!

小学生前

  • 保育園と支援センターを平行して通うため送迎必須
  • 上記に加えて人によっては個別に療育施設などを追加で通う
  • トラブル予防も兼ねて保護者会などに参加
  • 小学校か支援学校か選択する
  • 小学校の場合、普通学級か支援学級か選択する(事前に学校に相談)
  • 大きな病院へ健診(ASDと診断する場所。ちょくちょく通う)
  • 言語訓練などもろもろのため、また別の病院に通う
  • 耳鼻科は泣き叫ぶ
  • 歯医者も泣き叫ぶ→障害児歯科へ転院
  • 自閉症児の育児(他の子の5倍手がかかるイメージ)
  • 更に一般の子同様に習い事(スイミングや体操教室など)
  • 人によっては仕事と家事

ぐお~~何これ~~メンタル面もやらるわ~

中学生前

  • 小学校への通学は個別で付添がいることが多いので仕事に支障をきたす
  • 学校側との話し合いが割と多い
  • 大きな病院へ健診(ASDと診断する場所。ちょくちょく通う)
  • 耳鼻科は泣き叫ぶ
  • 歯医者も泣き叫ぶ→障害児歯科へ転院
  • 自閉症児の育児(他の子の5倍手がかかるイメージ)
  • 更に一般の子同様に習い事(スイミングや体操教室など)
  • 人によっては仕事と家事

まだまだ続くぜ~

ざっと思いつくことを書きましたが普通の子では時間を取られないような事が山盛り。もりもりです。これで職場が結構忙しいとかなったら倒れてしまうと思います。

金銭支援以外の人的なサポートも結構ほしかったところです。(現在進行形)

もちろん金銭面も必要。多くのケースでは、親は上に記述した育児にものすごく時間を取られるため、世帯の収入が実際に落ち込む傾向が多いようです。我が家は夫婦で何とか全てのバランスを保ってギリギリ頑張っているところです。

自閉症児の家族は、戦闘兵と同じ程の高いストレスを抱える

Diament, M. (2009)

コメント

  1. […] VOL.012 自閉症の子の保護者はかなり忙しいこどもを見る時間確保計画暇な… […]

タイトルとURLをコピーしました