VOL.023 視覚優位とDVDは相性が良い

スポンサーリンク

視覚優位

発達障害の方の中に、視覚優位となる方が多いようで、へーすけも視覚優位です。

視覚優位というか、聴覚からの情報整理が苦手です。

結果、視覚からの情報で生活するようにした方の効率が良かっただけかもしれません。

DVDはあっているかもしれない

映像による、学びは比較的スムーズです。

こどもちゃれんじに付属するDVDを見せていましたが、しっかり覚えていました。

覚え方は、意味を理解するというよりは、丸暗記

ストーリー性の強いものは苦手

ただ、アニメなどでも、会話の多い内容のものはつまらなさそうでした。独り言を言って空想の世界で1人遊びしはじめてましたから

帰ってこ~い・・・

結果、親がドラえもんを見てる感じです。懐かしい…

3歳ごろ
  • となりのトトロ
  • トムとジェリー
  • ひつじのショーン
  • こどもちゃれんじ付属DVD
  • 動く図鑑move(星座は見てなかった)
  • ニモ・ドリー
5歳ごろ
  • ポケモン
  • ディズニー関連(トイストーリーなど)
  • シンカリオン
  • ミニオンズ
  • ドラえもん
  • こどもちゃれんじ付属DVD
  • youtube(乗り物系、ピタゴラ系)
7歳ごろから
  • 九九のうた・県庁所在地
  • ねこねこ日本史
  • 戦隊もの(キラメイジャー)
  • youtube(パズルゲーム系)

2歳ぐらい遅れて興味を持つイメージですね

初めは見ない

恐怖を感じる

初めて見るときは、耳を塞ぐ、リモコンで消そうとする、など拒絶します。

未知のものに、恐怖を抱きます。

気に入ったものは、最後まで一度見た後に『もう一回見る!』と主張します。ただし、最初に見るのは親のサポートが必要です。

初めだけやや無理に見せる

一回目は、無理矢理見せている感じがします。

無理に見せなくても…と思うかもしれませんが、相手の拒否をすべて受け入れていては、全てのことに取り組めず全く成長が望めません

拒否の強度を指し図りながらになりますが、時には無理矢理も必要かと思っています

本当に嫌だと、2回目を見ないので、そこで判断しています。

予測できないものは強く拒絶する

視覚聴覚過敏への配慮をしながら

後部座席モニター

車の後部座席モニターは活躍しています。

車を買い替えた時にもわざわざ10万円で後付けしました。

車の中では、初回のものでも逃げられないので、恐る恐る見てます。

嫌な場合は、2回目に交換するのが暗黙のルールになりつつあります。
好きなものは、何回も見てケタケタ笑っています。

彼は直ぐに壁を作るのですが、周りの人間が頑張って壁を崩すと『楽しかった』や、この笑い声が増えていきます。


DVD
  • 初回は拒絶する(DVDに限らず)
  • 好きなものは2回目から見る(3回目の時もある)
  • 後部座席モニターはかなり便利

DVDは便利でした。うちの子のような子に、ものを教えるは本当に大変です。

面白いものを自ら発掘することはかなり少ないです。

親がまず掘ってやる必要があります。

普通の子であれば少し掘ってスコップを渡せば掘り始めますが、この子の場合は親が一度全て掘り出して、そのあとに同じものであれば安心して子供は堀り始める。

だから本当に体力と精神力が必要となります。

障害なんか知らない方は【あま過ぎない?】なんて言うですけどね。

是非一度彼らと【生活】してほしいです。

そんな方ほど1週間ももたずに音をあげて逃げるんです。

視覚的な支援から入る

視覚過敏というとネガティブな要素ととられますが、視覚優位といえばポジティブな要素ととられるでしょう。どちらにしろ彼らは目で見て情報を入れる方が、耳で聞いて取り込むより脳内で画像としてインプットされていくことが多いようで適していることが多いように感じます。

重度自閉症児のワープロを用いて助詞や動詞を含めた文を作成して指導をしたところ、自身でワープロを用いて文を作成のみならず声でも文章を用いることが可能になったとの研究もあるようです。


自閉症児は,身体的緊張が強く,協調運動が難しいことが多い.その時点で音声,書字,サインなどに含まれる「分化的反応」が苦手な自閉症児については,身体運動の負荷の少ない絵やシンボルや単語や文字を選ぶ「選択反応」によるコミュニケーションを指導していく.コミュニケーション方法の「形」ではなく,「機能」に焦点を当て,絵カードを「聞き手(受け手)」に渡し,「聞き手(受け手)」からフィードバックを得る「交換 (exchange)」によって,重度の自閉症児の指導を進めていく PECS(picture exchange communication system) という方法が開発され,成果を得ている (Bondy, Tincani,& Frost, 2004; Yoder & Stone, 2006).これは,絵カードの「交換」という行動を通して,「話し手(伝え手)」と「聞き手(受け手)」の役割を明示し,機能化させ,役割交替を可能にする目的がある.この方法は,音声言語の「発達を待ったり」,「支援を先送りしない」で対人コミュニケーションを今すぐに実現していく有効な手段のひとつである.Yokoyama, Naoi, & Yamamoto (2006) は,無発語の最重度の自閉症児 3 名 (CA: 5 歳,5 歳 11ヶ月,7 歳 11ヶ月; 言語・社会 DA: 8ヶ月,11ヶ月,11ヶ月; 認知・適応 DA:11ヶ月,18ヶ月,20ヶ月) に対して,自分の欲しい遊具がある場合,対応する絵カードを大人に渡し,それと交換に遊具をもらうという指導を行った.子どもが絵カードを渡した際,大人が絵カードを指さしながら,「ふえちょうだい」などと音声反応を示した.このようなことを繰り返すことで,音声反応の出現率も上昇した.山本・徳武 (1997) は,1 名の無意味音声(ジャーゴン)を頻発する重度の自閉症児 (CA: 9 歳 11ヶ月,MA: 4 歳 6ヶ月) に,自分が学校生活で経験したことをワープロで「目的語+助詞+動詞」の文を用いて表現することを指導した.その結果,自分の新しい経験をワープロで表現すること,同時に音声言語表出も文を用いて行うことが可能になった.「音声刺激の理解と音声表出」は苦手であるが,ひらがな,漢字などの「視覚刺激」に興味がある自閉症児の場合,視覚刺激を用いたコミュニケーション手段から導入し,それを音声系の言語に広げていく指導が有効であった.Yamamoto & Miya (1999) は,1 語から 2 語発話の自閉症児 3 名 (CA: 6 歳,10 歳 11ヶ月,8 歳11ヶ月; MA: 2 歳 10ヶ月,4 歳 1ヶ月,3 歳 8ヶ月)を対象として,静止画に対して,単語を選択して順番に並べる「構成見本合わせ課題」を,コンピュータ支援指導を活用して行った.「主語+が+目的語+を+動詞」での文章表現をマトリックス法によって学習させた.その結果,指導されていない刺激についても,コンピュータによる指導から離れた場面でも,「音声反応」,「書字反応」を使って,適切な文章を用いることができるようになった.この研究の結果は,文の構造など複雑な学習が必要な場合,運動反応の負荷のない選択反応によって構造そのものの学習を進め,その後,音声表出や書字などへの反応般化を促していく指導方法が有効であることを示している.

引用:山本 淳一・楠本 千枝子 自閉症スペクトラム障害の発達と支援

コメント

タイトルとURLをコピーしました